HOME > 国内大会 > 東日本リーグ戦 > 東日本リーグ2018(第1回) 第2節リーグレポート

league-east2018-2nd
東日本リーグ2018(第1回) 第2節リーグレポート

2019.2.16 (土)    JAFA 事務局広報 太田 智

第1回東日本アンプティサッカーリーグ第2節は、快晴の中、船橋市高瀬下水処理場上部運動広場(タカスポ)にて開催された。

第1試合

第1試合はガネーシャ静岡AFC vs 合同チーム(FC ONE TOP とTSA FC )の一戦。 ともに第1回東日本アンプティサッカーリーグ初勝利を目指して、両チームとも前半から積極的に攻め込むスリリングな展開になる。

そんな中、前半15分にガネーシャ静岡10 番後藤選手が先制点をあげる。その後もガネー シャ静岡は追加点、合同チームは同点を目指して攻めるが、前半は1−0のまま終了。 後半もお互いが攻め込む中、後半2分に合同チームに同点ゴールが生まれる。得点者は松崎選手。

ここからさらに均衡した展開になりかけるが、その僅か3分後の後半5分ガネーシャ静岡10 番後藤選手が再びネットを 揺らし、2−1とガネーシャ静岡がリードする。ガネーシャ静岡10番後藤選手は更に後半10分、自ら獲得した ゴール前でのフリーキックをニアサイドに決め、ハットトリックを達成。それでも諦めない合同チームは 後半11分、朝野選手がゴールを決め1点差に迫る。

しかし、直後の後半15分にまたしても10 番後藤選手 が合同チームの反撃を止めるゴールを決める。攻撃の手を緩めないガネーシャ静岡は後半17分に田村選手が 5点目を、後半25分には後藤選手がこの日5点目をなるゴールを決め、6−2と大きく突き放す。後半大きく動いた試合はガネーシャ静岡が6−2で合同チームに勝利し、大会初勝利をおさめた。

インタビュー・後藤選手(ガネーシャ静岡AFC)

試合を振り返って

前の試合よりもチームの雰囲気が良くて、今迄の試合で

一番楽しく試合ができました。結果的に試合に勝 つ事が

できて良かったです。

得点シーンを振りかえって(印象に残ったゴールは?)

FK を決められたのがうれしかった。いつもFK は上を

狙って練習していましたが、壁の選手が内側によった

ので、そのスペースを狙ったら入るかと思って蹴りました。

次の試合に向けて

次の試合ももう一度ハットトリックを決めて、チームの

勝利に貢献したいと思います!

インタビュー・笹山選手(合同チーム/ FC ONE TOP)

試合を振り返って

第1節ははじめての合同チームとしてはうまくいったが、

今日の試合はなかなかうまくいかないところが目立 って

しまった。ゴール前まではうまく運べるイメージはあったが、

イメージが崩れてしまったときに立て直し が難しかった。

次の試合に向けて

FC アウボラーダ戦になるので、どれくらいボールを持つ

事ができるかわからないが、いろいろなことにチ ャレンジ

できるのがリーグ戦なので、みんなでチャレンジして勝利を

目指して頑張っていきたい。

第2試合

第2試合はFC アウボラーダとAFC バンブルビー千葉の一戦。

立ち上がりから積極的に攻め込むアウボラーダが最初のチャンスをものにする、エンヒッキ選手のフリーキックから遠藤選手が合わせて先制点を奪う。この先制点で試合の流れを掴むとさらに、前半4分エンヒッキ選手、前半13分細谷選手、前半25分、前半25分エンヒッキ選手が立て続けにゴールを決め5−0と大量リードで前半を折り返す。エンヒッキ選手は前半でハットトリックを達成。

後半になり、アウボラーダは若い石井選手、久保選手を中心に選手交代を行い、試合は落ち着いた展開に。前半と変わらず、アウボラーダがボールを持ち、多くのチャンスを迎えるが決めることができず、逆にバンブルビー千葉も松田選手、福田選手を中心にカウンターから反撃するが、こちらもゴールを決めることができない。膠着した状態を打開したのはエース・エンヒッキ選手、後半21分、22分、23分に立て続けにゴールを決め、8−0とリードを広げる。後半25分にはキャプテン遠藤選手がゴールを決め、9−0で試合を締めくくった。

インタビュー・遠藤選手(FC アウボラーダ)

試合を振り返って

FC アウボラーダは相手のペースに合わせて試合をして

しまう事が多いので、まず自分たちのプレーをする事を

心がけて試合に入ったが、幸先よく点を取る事ができた

のでうまく流れにのれた。

ゴールを振り返って

最後のゴールはラッキーでしたが、最初のゴールは

流れにのれたゴールだったと思う。次節に向けて

全力で、この試合と同じくらいのゴールを奪って、

東日本では「敵なし」と言われるようにがんばります

インタビュー・金井選手(AFC バンブルビー千葉)

試合を振り返って

レベルの差が出てしまった。まだまだ練習をして

レベルをあげていかないと(レオピン杯・日本選手権の)

表彰台はおろかリーグ戦を突破することも難しいので、

個々のレベルを上げて必ず上位進出できるようにがんばります。

まずは個々の体力面、基礎から底上げしていきたい。

次節に向けて

第1 節は引き分け、第2 節は引き分けだったので、次節は

勝利を目指してがんばる。AFC バンブルビー千葉は得点率

が低いので、得点を取るための練習をして臨みたい。

東日本リーグ2018 第2節試合結果詳細

東日本リーグ2018第2節試合結果


次節3月10 日(日)に、FC アウボラーダは全勝優勝をかけ合同チーム(FC ONE TOP とTSA FC )と、AFC バンブルビー千葉は初勝利を目指しガネーシャ静岡AFC と戦う。

MOVIE動画

JAFAパートナー

※順不同

JAFA / JIFFパートナー

※順不同

大会スポンサー

第9回日本アンプティサッカー 選手権大会

協賛
※順不同
大会パートナー
JAFAサプライヤー

第六回レオピン杯Copa Amputee(2019年5月18・19日)

特別協賛
協賛
オフィシャルサプライヤー