【過去最高順位をかけて】順位決定戦 vs ケニア戦速報

default_2

順位決定戦2回戦は、初めて対戦するケニアであった。
午前中のミーティングの際に、坂光ヘッドコーチおよび野間口テクニカルコーチから、スカウティングを基に、相手の組織だった攻撃と守備にしっかりと対応するよう指示が与えられた。
前半は両者ともに相手の様子をうかがいながら、好機にはしっかり攻めるという展開となったが、双方、得点は生まれずに0-0で終了した。
後半は開始4分で日本のミスをついてケニアが先制点をあげた。日本はセットプレイを軸に積極的に攻め込んだ。後半12分にエンヒッキ選手のコーナーキックに合わせて川西選手がシュートを放ち、追いついた。
相手FWのスピードと連戦の疲れから、何度も相手に決定機を与えたものの、チーム一丸となって守り、延長戦へと突入した。
延長前半3分に相手のミスも重なり、エンヒッキ選手が待望の追加点を決めた。この追加点を守り切り、今大会の日本の戦いの中で初めて逆転勝利をつかみ、世界のトップ10入りを決めた。
明日の最終戦は現地時間15時(日本時間5日6時)からハイチとの対戦となる。

【2018アンプティサッカーW杯 メキシコ大会】(サンファンデロスラゴス・PROAN2)
日本 2-1 ケニア(前半0-0、後半1-1、延長戦・前半1-0、後半0-0)

ケニア(後半4分)
川西 健太(後半12分)
エンヒッキ 松茂良 ジアス(延長前半3分)

【杉野監督コメント】
なかなか決められなくて、50分間で決着がつけられなかったのは非常に残念だった。ただ、苦しい中でも勝ち越しの1点を全員で守りきることができてよかったです。我々が本来やらなければならないサッカーをできずに、1点先制された後に、少しばたついたけれども、追いつく力、追い抜く力がここにきてできたと思う。明日は我々ができる最大限の9位を掴み取り、実績を残して日本に帰りたいと思う。

【得点者・エンヒッキ選手コメント】
アフリカ勢は体力もスピードもとてもあって、とても厳しい試合だったが、逆転して勝ててよかった。1点取られた後も2点返せたのは、チーム一丸となって、みんな一生懸命に戦った結果だと思う。
今日の試合で世界のトップ10には入れたことは嬉しいが、明日の試合もしっかり勝って、日本に帰りたいと思う。

【得点者・川西選手コメント】
1点を決められた後で、追う展開となったが、あのシーンで落ち着いてゴールを決められたのはよかった。冷静に当てて、決めるだけのシュートだったと思うので、今後のためにも、しっかり決められてよかった。
あと1勝すれば、一桁順位になるので、気を引き締めて頑張りたい。