「まぜこぜスマイルサッカー」に参加しました

IMG_3645

3月31日にフロンタウンさぎぬま(川崎市)にて開催された日本障がい者サッカー連盟(JIFF)主催「まぜこぜスマイルサッカー」に、同連盟の加盟団体として、当協会も参加いたしました。

 

IMG_3613

IMG_3618

 

このイベントは国連が4月2日に定めた「世界自閉症啓発デー」に向けた『Warm Blue 2018』キャンペーンの一環として、7つの障がい者サッカーの選手たちと健常者との混合チームでウォーキングフットボールを楽しもうという企画です。今年初の試みなので、運営スタッフの準備も手探り。「ペナルティエリアに入るのはやはりオッケーにしよう」「電動車いすのターンは危なくない。オッケーにしよう」など、試合ルールの見直しがイベント開始直前まで続きます。

 

IMG_3622 (1)

 

アンプティサッカーからは、昨年の日本選手権準優勝チームFCアウボラーダから細谷選手、石井選手、秋葉選手の3名が参加し、それぞれ別のチームに”まぜこま”れて試合を行いました。いつもの激しく動きまわるプレイと違って歩かなければならず、それぞれ戸惑い気味。でもその中で石井選手だけはコツをつかんだようで、アシストもゴールも決める大活躍。本人はクールに振舞っているものの表情はまんざらでもない様子で、一番楽しんでいるようでした。

 

IMG_3631

IMG_3634 (1)

IMG_3645

 

ウォーキングサッカーは、多様な特性を持った人達が一緒にプレーを楽しむことができるため、最近、愛好者が着々と増えています。たかが歩くだけなのに、いざやってみると意外に運動にもなるし頭も使うので、健常者も大いに楽しむことができます。是非ともみなさん一度試してみてください。

 

IMG_3655