アンプティサッカーの歴史

日本での歴史

日本での歴史は非常に浅く、2010年に国内で普及活動が開始された。同年多くの協力・支援のもと、日本初のアンプティサッカークラブFCガサルスが立ち上げられた。普及が開始されてから日も浅く、日本国内の競技人口は非常に少ない中、2010年世界アンプティサッカー連盟(WAFF)に加盟登録をすると共に、ワールドカップアルゼンチン大会へ15名(プレーヤー10名)の選手団が派遣された。

2011年には国内最高峰の大会である第1回日本アンプティサッカー選手権大会が川崎市にて開催され今年で第6回を数える。
また2014年には大阪府にて第一回レオピン杯Copa Amputee も 開催された。

2010年第8回ワールドカップアルゼンチン大会

期間
2010/10/16~10/24
会場
アルゼンチン・エントレリオス州クレスポ市他
戦績
5戦5敗 最終順位15位(参加16か国)
argentina



2012年第9回ワールドカップロシア大会

期間
2012/10/7~10/14
会場
ロシア・カリーニングラード市競技場
戦績
6戦1分5敗 最終順位12位(参加12か国)
russia

2014年第10回ワールドカップメキシコ大会

期間
2014/11/30~12/7
会場
メキシコ・シナロワ州クリアカン
戦績
4戦3勝1敗 予選リーグ首位決勝トーナメント進出 最終順位11位(参加24か国)
mexico